2009年11月15日

手帳のリフィルを2010年版に入れ替えました

僕は毎週土曜日にその週の週次レビューと翌週の予定やToDo等を手帳に書き込むのですが、「クオバディス エグゼクティブ」のリフィルが11/16から翌年版が使えるようになるので、お気に入りのSLIP-ONの革カバーに、早速2010年版リフィルをセットしました。

QUOVADIS04.JPG

まだ2009年は1ヶ月半あり、いろいろな意味で追い込みの時期ですが、こうして新しい手帳に切り替えると、気持ちが新たに、また引き締まった気持ちになりますね。
posted by solata at 22:12| Comment(3) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

クオバディス エグゼクティブ 2010 リフィル買った

以前にも記事に書いた通り、今年の6月から手帳を「クオバディス 2009/2010 エグゼクティブ4(4月始まり)」に変更して使用していますが、来年も手帳は変えるつもりはありません。

ただ、来年も4月始まりでいくか1月始まりに戻すかを悩んでいると以前にも書きましたが、相変わらず結論は出ていないんですが、だいぶ気持ちが、1月始まりに戻す方に傾いてきましたので、ここで1月始まりのリフィルのみを購入しました。

QUOVADIS03.JPG

手帳用カバーは、下の記事で書いたカバーを来年も使います。

 ◆BT QUOVADIS/クオバディス Executive カバー届いたよっ♪

まぁ、この時期に、「来年の手帳関係を何も買わないでいられるかぁ〜」って例年同様の思いが強く働いたってのが正直なところではあります。(笑)
posted by solata at 01:57| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

2010年版手帳月間スタートぉ♪

9月になりましたね!
9月といえば、手帳好きの方にはもっともワクワク、また悩ましい月間ではないでしょうか?

まずはトップを切って、今日から「ほぼ日手帳2010」発売開始ですね。
僕が今年前半まで3年連続で使用していた「マンダラ手帳」は今月下旬の予定で、現在使用している「クオバディス エグゼクティブ」は今月中旬の予定のようです。

でも、今年に限っては、僕の場合、以前に記事に書いた通り、4月始まりの「クオバディス エグゼクティブ」に満足しているので、いつもよりは冷静に各社の新製品情報を見れています。

少なくとも、「クオバディス エグゼクティブ」用の本革カバーまで別途注文して使うほど入れ込んでますので、この独特な正方形サイズの手帳はしばらく続ける予定です。
#てゆーか、正方形なので、本革カバーが他に使い回しが気かなそうだし・・(笑)

実は1月始まりの手帳に戻すかについて、少しだけ検討していたりします。
以前に記事に書いた通り、4月始まりはフリーランスに合っていると思うんですけれど、フリーランスという形態を続けるかちょっとビミョーになってきたことと、やはり1月始まりの方が種類が多いことが理由です。

まぁどうなるかは分かりませんが、少なくとも今月中旬の「クオバディス2010」が発売されたら、来年に備えてじっくり内容を吟味するつもりです。

注意すべきは、気分がモヤモヤしちゃってる時なんかに各社の2010年版手帳を追っかけていて、つい「ぽちっ!」としちゃうかもしれないってことでしょうか?(笑)
posted by solata at 18:42| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

オピニ 持ち歩きふせんカバー

シヤチハタの「オピニ 持ち歩きふせんカバー」を買いました。

FusenCover01.jpg

このカバーは、付箋をメモ代わりに持ち運ぶために考え出されたそうです。

僕は普段使いのメモは、下の記事で書いた「ブロックロディアNo.11」なんですけれど、ちょっとした時に付箋が便利な時って、仕事してるとありますよね。
それなら付箋も少しお洒落してみますかって思ったのに加えて、本カバーは値段もお手頃なので、試しに買ってみました。

 ◆ブロックロディア カバー変更

ところで「シヤチハタ」の「ヤ」って大文字なんですね。袋を見てて初めて気がつきました。
「キヤノン」と一緒ですね。

さて、本カバーは、75×75mmの市販の付箋紙を、100枚まで収納することができる合皮カバーです。

FusenCover02.jpg

上の写真の右方に写っているのは、本カバー購入時にデフォルトで付属していた黄色の付箋(50枚)です。

写真では、ダイソーで購入した「柄入ふせん<クロスレース柄>」(80枚)を装着しています。
写真に写っている通り、ゴムバンドが付いていて、これに付箋紙を固定させます。

宣伝文句では「ゴムバンド付きで簡単に固定でき、詰め替えもラクラク」とありますが、実際やってみたら、装着にはかなりコツがいります。
付箋紙って、台紙が最後に付いてるじゃないですか?
これって、だいたい薄い紙ですよね。
で、これをゴムバンドに通すときに、台紙がたるんで、なかなかうまいこと挿入できませんでした。
#てゆーか、もしかして僕が不器用なだけですか?orz

なので「ラクラク」とはいかず、この部分はもう少し改善が必要と思います。

と、ここまで書いて気が付いたんですけれど、もしかすると代わりにつけたダイソーの付箋紙のせいかもしれません。
付箋紙の横幅を測ってみたら、ダイソーの付箋の横幅は、3mm大きいんですよ。
袋に「1枚サイズ:約7.5×7.5cm」と書いてあるんですけどね。
そぉかぁ〜!この「約」ってところがミソですね。
さすが百均はアバウトですねぇ。(笑)

で、話は元に戻りますが、カバー裏に、小さなコーナーポケットも付いています。
書いたメモを一時的にカバー裏に貼っておく時に、剥がれ落ちないようにサポートするためにあるようです。

FusenCover03.jpg

上の写真は80枚の付箋を収納してカバーを閉じたときの具合です。
上の方で書きましたが、「100枚まで収納することができる」とありますが、見た感じ、まぁ確かにできそうな気もしますが、かなり無理がありそうです。

まぁ値段が値段ですからね。

見た目、それなりにお洒落だし、大人の嗜みとして、本カバーは十分アリだと思います♪


posted by solata at 00:29| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

ダイソーで見つけた「貼れる」ファイルポケット

数日前に「BT Quovadis/クオバディス Executive カバー」の記事を書きましたが、その中でご褒美シールを格納するために、ポケット付箋を使用していると書きましたが、常用しているとどうもポケット付箋が何かの拍子に剥がれてしまう感じがあって安定感がなかったので、どうしたものかと思っていたら、ダイソーでこんなものを見つけました。

FilePocket01.jpg

3枚しか入っていないのが百均にしてはコストパフォーマンスが悪いですが、付箋ではないのでしっかりと手帳に貼りついてくれて、なかなかイイ感じです。

FilePocket02.jpg

格好よく言えば、日々是改善提案・・有り体に言えば、自己満足驀進中です。(笑)
posted by solata at 00:24| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

無印良品 TPUスパポーチ・小

無印良品に行ったら、久しぶりにバッグフェチの血が騒いで、「TPUスパポーチ・小」を買ってしまいました。

mujirusi4.jpg

テーマは、「夏らしく、涼しげにポメラを持ち運ぼう」です。(笑)

素材はポリウレタンですね。
サイズは、12Cm×17Cm×6Cmです。

せっかくなんで、前に付いている2つのポケットの1つに、iPhoneを入れてみました。

mujirusi5.jpg

マチは6Cmもあるので、ポメラには余裕ありすぎです。
ポメラと一緒に文庫本なんかも入りそうです。
写真では、ブロックロディアNo.11を一緒に入れてみました。

mujirusi6.jpg

後ろにはファスナーが付いており、ちょっとしたカード類やメモ用紙なんかを入れておくのに便利かもしれませんね。
写真では、ビニールネットケースに、ポメラの替え電池のエネループと、microSDアダプタを入れてみました。

まぁこのスタイルで常用するつもりはありませんが、たまには気分転換にね。
posted by solata at 00:22| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

4月始まりの手帳は、フリーランスに合ってる?

先月から使い始めた手帳「Quovadis/クオバディス 2009/2010 エグゼクティブ4(4月始まり)」は、かなり満足感が高いです。
僕は手帳というと、今まで1月始まりしか使ったことがなかったんで、4月始まりの手帳は初めてということになります。

「1年の計は元旦にあり」ではありませんが、1月始まりの手帳とともに、年間の計画を立てるという意味では確かに重要なことではありますね。
僕が以前使っていた「マンダラ手帳」は年間の人生計画、ビジネス計画を9マス思考で書くページがあって、これを日々見返すことを日課と課す手帳でしたが、4月始まり等、1月以外にスタートする手帳ではこれができませんね。

それなら、人生計画、ビジネス計画は手帳と分離して、別の物に書けばいいじゃないかと思うに至りました。
そもそも、1月始まりの手帳でも、「マンダラ手帳」以外で、このようなページを持っている手帳をあまり見たことがありません。

幸い僕はポメラもiPhoneも、アイデアノートも日々持ち歩いているわけですから、こういった別の物に書いて(もしくはファイルを格納して)、日々見直せば良いんだと思いました。

人生計画、ビジネス計画というと、普通の手帳しか使ったことのない人にはいまひとつピンとこない話だったかもしれません。
ですが、僕にとって手帳を変更したことにより懸案だったこれらの方針がある程度固まったことで、それではと、一般的な手帳の機能として4月始まりの手帳に目を向けてみると、こと僕のようなフリーランスという立場では、この4月始まりが結構理にかなっているということに気が付きました。

フリーランスの場合、各種税金の納税用紙がだいたい5月くらいに、向こう1年分の納税日が記されて郵送されてきます。
僕はこれらの納税日を忘れないために、用紙が送られてくると全ての納税日を手帳のマンスリーページに書くのですが、今までの1月始まりでは全てを書ききれなくて、しょうがなく12月の余白に残り全部を書いて、後で新しい手帳に転記するようにしていました。

これが4月始まりですと、ほぼすべてをマンスリーページに書いておくことができるんですね。

全く当たり前のことなのに、なんでもっと早く気づかなかったんだろうと思いました。

そうはいっても、「Quovadis/クオバディス 2009/2010 エグゼクティブ4(4月始まり)」の使い方には、まだまだ納得できていないところも確かにあり、例えばウィークリーページのPhone、E-mail、Write、See-do、Notes欄をマンダラ的発想で活用できないかとか・・いろいろ試行錯誤中です。
(そもそも、このPhone〜Notesの文字は要らないです。僕にはこれらの欄は全てアイデアスペースにしか見えていませんので、それらの字がある分、エリアが小さくなってもったいないです。(笑))

で、試行錯誤については、また機会があったら、書きますね。

 ◆◆

そうは言っても、あと2ヶ月弱で、来年1月始まりの手帳商戦が始まります。
そろそろソワソワしちゃってる人、多いんじゃないでしょうか?

僕は次も4月始まりでって思っていても、性懲りもなく売場に見に行っちゃうんだろうなぁ〜。(爆)
posted by solata at 00:18| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

BT QUOVADIS/クオバディス Executive カバー届いたよっ♪

届きましたぁ〜♪
今回は、6/30に注文して、7/9到着です。
スリップオンさんでの名入れ指定での本革カバー注文は今回で3回目ですが、今回が到着までに一番時間がかかりました。
そうは言っても、これでも十分過ぎる程迅速な対応であったことには変わりありません。

QUOVADISCover01.jpg

オイルドレザーの質感、名入れの仕上がり具合等、とにかく素敵っすね!
大満足です♪

QUOVADISCover02.jpg

上の写真は、元々付いていたクオバディス ソーホーの合皮カバーと並べて撮ったところです。
スリップオンさんの天然皮革のカバーの方が、赤色が鮮やかです。

ステッチの色も白でカワイイですね。

QUOVADISCover03.jpg

上の写真は、開いて左側のショットです。
ポケットが2つ付いているのが便利ですね。レシート等のちょっとしたものや名刺なんかを入れておくのにちょうどいいです。

カバーとは関係ないですが、右側の青色のものは、ポケット付箋を手帳の裏表紙に張り付けて、ポケット内にご褒美シールを入れてあります。

PocketFusen01.jpg

ご褒美シールは、モチベーションアップにもなり、手帳にとってマストアイテムだと思いますよん。

QUOVADISCover04.jpg

上の写真は、開いて右側のショットです。
こちらには付箋を挟んでいます。
そして付箋の下になってちょっと分かりにくいですが、カバーに煽りポケットが1つ付いています。

ペンホルダーは、パイロットのフリクションがギリで挿せました。
クオバディスの純正カバーはペンホルダーが付いてないのが不便でしたが、これで解消されました。

早速ラナパーを塗り込んで、ウキウキです。
これからどんな経年変化をしてくれるか楽しみです。^^
posted by solata at 00:34| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

BT QUOVADIS/クオバディス Executive カバー注文

「Quovadis/クオバディス 2009/2010 エグゼクティブ4(4月始まり) ソーホー」は、まだ試運転を始めて1週間とちょっとですが、その前に「Quovadis/クオバディス 2009 アジェンダプレステージ ビジネス クラブ」で試運転をしていた関係上、クオバディスに対しての勘所が分かっていたので、エグゼクティブは予想通りこれはいけると、早々の感触をつかみました。

なので、ちょっと早いですが、本革カバーを名入れ指定で注文してしまいました。
#またしても物欲に負けたとも言います。(笑)

でも手帳って、日々新たな気持ちでテンションを上げていくのに、最も身近で重要なアイテムだと思うんですよ。
その重要なアイテムだからこそ、カバーにも拘る。大人のたしなみとも言いますが、重要なことですよね。

お店は今回もスリップオンさんです。
スリップオンさんの本革カバー(名入れ指定)は、3回目の利用です。
前2回とも、とても満足のいく仕上がりだったので、今回も楽しみです。

さて、今回はどれくらいの期間でくるかな?
届いたら、また書き込みますね。
posted by solata at 01:16| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

新しい手帳の試運転 手帳を変更しました(クオバディス エグゼクティブ)

少し前に記事に書きかましたが、3年間使った「マンダラ手帳」から新しい手帳に乗り換えるべく、「Quovadis/クオバディス 2009 アジェンダプレステージ ビジネス クラブ」で試運転を始めていたsolataです。

 ◆上の記事はコチラです。

この手帳のページレイアウトは結構気に入ってたんですけれど、年間計画として使える"ANNO-PLANNING"の書き込みスペースが、ちょっと許せないくらい小さいので、フラストレーションが溜まってました。
逆に言えば"ANNO-PLANNING"以外のページレイアウトは、文庫本サイズという手帳のサイズも合わせて、満足感が高かったんで、この手帳については「一時保留」にしました。

で、次に目を付けたのが、「Quovadis/クオバディス 2009/2010 エグゼクティブ4(4月始まり) ソーホー」です。

QUOVADIS02.JPG

ちょっと大き目ってのは分かっちゃいるけど、どうしても正方形タイプのコイツは試してみる価値があると思って、購入しました。
(4月始まりを選んだのは、これがうまくいくんなら、試運転とはいえ、長く使えた方が良いかなって・・要は貧乏根性です。(笑))

 ◆◆

早速試運転を始めていますが、"ANNO-PLANNING"の大きさは良いですね。これなら問題ないです。
実寸は、1行の横幅が、ビジネスプレステージが13mm、エグゼクティブが21mm。ビジネスプレステージのものが使えないわけだ。

ウィークリーも、ビジネスプレステージでは1行の横幅がほんのちょっとだけ窮屈と感じていましたが、それもなくなりイイ感じです。
実寸は、ビジネスプレステージが20mm、エグゼクティブが33mm。これだけ違うと、快適度が段違いですね。

ページレイアウト自体は、使う前まではビジネスプレステージの方がメモ欄が多くて好きだったんですが、元々タイムラインを無視してメモも書き込む人だったので、エグゼクティブのレイアウトでも全然問題ないということが分かりました。
#てゆーか、もっと早く気付けよ>僕。(笑)

唯一残念なのが、マンスリーですね。
ビジネスプレステージは見開きで1ヶ月、エグゼクティブは見開きで2ヶ月、1マスの横幅は、それぞれ20mmと19mmと殆ど同じ(縦は逆にエグゼクティブの方が2mm大きい)なんですが、どうせ手帳の横幅が大きくなっているんだから、エグゼクティブでも贅沢に見開き1ヶ月にして、1マスの横幅を大きくして欲しいなぁ。

 ◆◆

使うペンは、パイロットのフリクション0.4mmタイプに変更はありませんが、色をバイオレットからブルーブラックに変更しました。
クオバディスはこういったペンを使っても、紙が裏抜けしないのがいいですね。

 ◆◆

手帳のサイズがこれだけ大きくなれば、もしや「日記も兼ねられる?」とも思ったんですけれど、僕の書いている日記の文章の長さは、さすがにこの手帳でもムリなので、日記に関しては今まで通りポメラでいきます。

 ◆◆

さて、こちらで軌道に乗ってしまった場合に問題になるのは、本革カバーに手を出す時に、値段が倍近くに跳ね上がってしまうことですね。orz
posted by solata at 01:41| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

クルトガでクルクルできない人(笑)

ウチの奥さんがクルトガを買いました。
早速試し書きしています。

奥:「ねぇ・・回らないんだけど・・」
僕:「そんなことないよ・・窓があるでしょ・・1画書くたびに、そのマークが回るから・・」

再び書き書き・・

奥:「回らないよ・・」
僕:「どれ、貸してみ。」

僕が試し書きをして見ます。で、フツーに回る。

僕:「ほらぁ、回るじゃん。」
奥:「どれ?それじゃぁもう一度・・」

再び奥さんが試し書き・・

奥:「やっぱ回らないよ。」

もしや?! そうです。
奥さんは、クルトガでクルクル回らないほど、筆圧が弱い人でした。(笑)

同じような人って、居るんでしょうか?
posted by solata at 00:23| Comment(2) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

あえてこの時期に、新しい手帳の試運転を始めてみました(クオバディス)

早いもので、今月末で今年の折り返しですね。

みなさん、ジャネーの法則ってご存知ですか?
「生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例し、年齢に反比例する」というものです。
早い話が、ある人の1年の体感速度は、「人生の1/年齢」に感じるってことですね。
もう、僕ぐらいの年齢になってくると、1年が早いこと早いこと・・(笑)

で、カレンダー上で1年の折り返し地点に差し掛かった訳ですけれど、こと「手帳」という観点では、折り返しを過ぎて早1〜2ヶ月、翌年の「手帳」発売時期からすると、折り返しを過ぎて早3〜4ヶ月経ってる訳ですね。

 ◆◆

僕はここ3年連続で「マンダラ手帳」を使ってきて、この手帳には非常に満足していたので、「手帳探しの旅」は終了したと思っていました。

ですが、そんな僕に再び手帳を再考させるきっかけを与えたのが、iPhoneの登場でした。

今まで何度かスケジュール管理とToDo管理をWindows Mobileのガジェットと併用しようと試みたことがありましたが、その度に「使い物にならない」と感じてやめていました。
「マンダラ手帳」は、スケジュール管理、ToDo管理(リマインダーのみ。GTDとしては使えず)、アイデアメモ、人生計画、ビジネス計画と、総合的に非常に良くできているので、結局これらについてはデジタルをあきらめて、アナログで運用していました。

そこにiPhone+クラウドです。
iPhone+クラウドは、僕が持っていたデジタルガジェットの常識を変えるポテンシャルを示してくれました。
iPhone+Google+Evernoteは、スケジュール管理、GTD、リマインダー、アイデアデータベースとして、とても快適なのです。

デジタルガジェットって「機能がある」ということと「感性がある」ということは大きく違います。
Windows MobileってiPhoneと違って、「感性を磨く」という大事な面に欠けていると思います。

話が逸れてしまいましたが、これにより、僕がアナログの手帳に求める性格が変わってきました。

アナログの手帳1冊のみでほぼ全てをまかなうのをやめて、総合面をiPhone+Google+Evernote(デジタル)に、メモ面をロディアNo.11(アナログ)+ポメラ(デジタル)に、アイデアノートをライフ ノーブルノートB6(アナログ)にしたことで、アナログの手帳には「書く行為」で「脳のすり合わせ」を行うことを主目的にするのみで、位置づけとしてはあくまで補佐的なもので十分と思うようになりました。

 ◆◆

閑話休題。

そんなこんなで、来年の手帳が発売になる前に、上記のような目的に合う手帳を探して、試運転してみようと思い立ったですよ。

で、いろいろ迷ったんですけれど、とりあえず「Quovadis/クオバディス 2009 アジェンダプレステージ ビジネス クラブ」で試運転を始めてみました。

QUOVADIS01.JPG

同サイズの「ビジネス」にしなかったのは、こちらの方がメモ欄が多かったことが第一、第二は用紙の色がクリーム色だったということです。

それとは別にかなり迷ったのが、「エグゼクティブ」ですね。
この正方形のサイズは、今まで体験したことのない何かに出会える気がします。
1冊買ってみようかなぁ・・

クオバディスで使うペンとしては、パイロットのフリクション0.4mmタイプのバイオレットを使うことにしました。
フリクション0.4mmとは、紙質が今ひとつ合わないかなぁって気がしなくもないですが、とりあえず消せる色ペンを使いたいので、暫くこれで続けてみます。

ところで、クオバディスに目を付けたのは、「ほぼ日手帳」同様、ネット上に情報を発信されている方が多かったので、まずは長いものに巻かれてみようと・・(笑)

 ◆◆

また、クオバディスの使用例が多く載ってるという情報を得たので、「選ぶ・使う・極める!みんなの手帳」という本も中古で買ってみました。

Books03.jpg

他人の手帳ってフツー中を見せてもらえないので、この本で覗き見です。
いやー、楽しいです。^^

 ◆◆

まだまだよちよち歩きですが、クオバディスの先輩方、よろしければ色々と教えて頂けると嬉しいです。^^

とりあえずクオバディスがうまくいくようだったら、このサイズはカバーをいろいろ物色し易いので、来年版を買う頃に本革カバーなんかを物色してみたいです。
posted by solata at 00:17| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

Bun2 Vol.24とクルトガ ハイグレードタイプ再び

前からその存在を知ってはいたけれど、いままで一度も手に入れたことがなかったステーショナリーフリーマガジン「Bun2」。
今回、ついにゲットできました。

BUN2.JPG

事前に発行月が偶数月1日ということと、近場では立川の丸善に置いてあるということをチェック済みでしたので、予定通り、第1週の内に行ってきました。

文房具店に来たら、一通り店内チェックするのはお約束。
今回は特にアンテナに引っ掛かってくるような商品はなかったので、メイン目的だった「Bun2」の在り処を探すのですが、見つからない・・orz

さすがに何も買わずに店員さんに「Bun2ありませんか?」と聞くのも忍びなかったので、なんか買ったついでに聞こうと思い、再度店内一周へ・・

すると、「クルトガ」ハイグレードタイプのサンプルがあるのを発見。

何日か前に「ずっと気になっているけど手を出さずじまいのクルトガ」と記事に書いたばかりでしたが、「これはいい機会」と思い、サンプルに手を伸ばして、かな〜り多くの文字を試し書きしてみました。

第一印象、
 「う〜ん、やっぱ欲しい色がないなぁ」
 「滑りやすいボディーもイマイチ」
 「この回転機構の小窓、いらなくね?」
と感じつつも、試し書きを続けていく内に、
 「あれ?これいいかも」
と思うようになったですよ。

ネットでは「ペン先の沈む感じが慣れが必要」という評判が多かったので、多分コレが一番僕に合わない点だろうなぁと思っていたんですが、僕の書き方では全然気にならないということが分かり、プチビックリ。
人それぞれのペンの持ち方や書き方によって、こうも評判が違うのかと痛感しました。

ちなみに僕はかなりの文字を備え付けの小さな紙に書いてみたんですが、他の人の試し書きは線をぐるぐる〜って書いている人ばかりで、「それじゃ書き味分からないじゃん」って思いましたよ。

てことで、ついに「クルトガ」ハイグレードタイプの購入を決意!!(笑)
色はブルーで妥協してレジへ。

KURUTOGA01.JPG

支払いを済ませた後、おもむろに・・

僕:「あのぉ、Bun2は置いてありませんか?」
店員さん:「はい?そこにありますよ」

と、僕の後ろの展示棚の一角を指差します。

っておい、目立つところにあるじゃん!(笑)
どんだけ見てるようでモノが見えてないの?>僕。orz

ウチに帰って早速パラパラと中身を見てみたら、カタログ的なページばかりでなく、アイデアマラソンの樋口健夫さんや、文具王の高畑正幸さんの連載まであって、ビックリ!
こりゃフリーマガジンだからといって、侮れないっすよ。

置いてある場所も分かったし・・また2ヵ月後、貰いに行きます。
あっ・・置き場所、変えないでください。>丸善さん(笑)
posted by solata at 00:58| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

圧巻!! 240色セットの色鉛筆「uni COLOR 240 LIMITED EDITION」

随分と前の話ですが、当時の会社で同僚だった知人の結婚式の2次会で、ジャンケン大会で勝ち進んじゃって、賞品として、立派な箱に入った、すごく色数が多くてキレイな色鉛筆セットを貰ったことがあります。
ですが、僕は絵心がなく、宝の持ち腐れになるのが目に見えた知人が、僕にその賞品が行った事を非常に悔やんでいたのを覚えてます。
#ごめんねぇ〜!貰っちゃって・・^^;

でも、そんな絵心のない僕でも、キレイな色鉛筆セット見てるだけで、何故か心が和んで、幸せな気持ちになったのを覚えています。

そんなことを思い出すことになったのが、三菱鉛筆から発売される240色セットの色鉛筆「uni COLOR 240 LIMITED EDITION」の記事です。

 ◆コチラから写真が見れます。

まずは写真だけでも見てみてくださいね♪
色鉛筆が好きな人もそうでない人も、圧倒されること請け合いですし、幸せな気持ちになれると思いますよ〜♪
posted by solata at 00:20| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

クルトガ

前々から気になっていて、それなのに未だ手を出さずじまいの「クルトガ」。

相変わらず気にはなってるんですよ。
特にハイグレードタイプが追加されてからは、かなり・・

クリップオンマルチ3000とクリップオンマルチ2000を愛用していて、この2本だけで5,000円は超えるのに、なのに1本1,050円の「クルトガ ハイグレード」に躊躇・・です。(笑)

ClipOnMulti3000_2000.jpg

ネットの評判がイマイチだったり、色がピンとこなかったりってのが理由なんですけど、やっぱ僕と相性が合わないってことの現れですかねぇ。

いずれにしても、文房具も大好きな僕的に、これだけ気になっていて手を出していない製品ということで、ある意味「天然記念物」的製品です。
てゆーか、逆に僕が天然記念物?(笑)
posted by solata at 00:28| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

ラナパーで革のお手入れ

「ロディア/RHODIA No.11専用イタリアンレザーカバー」と「Rio Rhodia メモカバー#16」の2つの革カバーに、ラナパー(Renapur)を塗り込んどきました。

Renapur.jpg

赤い色に鮮やかさが出た感じでイイっすね!


posted by solata at 02:46| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

Rio Rhodia(ロディア) メモカバー#16(A5サイズ)届いたよっ♪

はい・・実は注文してました。
5/21に届きました。
嬉しいです。
以上。(+_+)\バキッ!

ごめんなさい・・ちゃんと書きます・・(汗)

RioRhodiaCover01.jpg

ステーショナリー工房スリップオンの天然皮革のメモカバーです。
5/14に注文しました。
今回はより愛着が沸くように、「名入れ」もしてもらいました。
「名入れ」が伴う場合、注文受付から14営業日目の発送が目安ということでしたが、6営業日目に発送してくれました。
迅速な対応に、感謝感激です。^^

色は、「赤色の持ち物」増殖化計画の一環として、トーゼン赤です。

見開き左側の見付けの部分に、「ライフ ノーブルノート A5」をセットしてみました。

RioRhodiaCover02.jpg

このノートは厚みが11mmあり、かなり厚い部類に入りますが、12mmまでのノート・ダイアリーをカバーできるという触れ込みなので挑戦してみると・・

RioRhodiaCover03.jpg

「ロディアNo.16」と「ライフ ノーブルノート A5」を、確かに問題なく包んでくれました。

他に収納部として、見開き右側の「ロディアNo.16」の下にも、隠しポケットがあります。

ペンホルダーもそこそこの太さのペンまで挿せますね。

RioRhodiaCover04.jpg

軸径13.3mmの「クリップオンマルチ3000」もギリで挿せます。

「い〜じゃん♪い〜じゃ〜ん♪」って持ってみたら、さすがにちと重い・・(笑)
なので、ノートを「ツバメノート COMFORT NOTE コンフォートノート A5」に変更しました。

RioRhodiaCover05.jpg

暫くはこの構成でいってみようかと思います。
posted by solata at 03:07| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

ステーショナリーマガジン 005 買った

さてさて、またしてもおサイフ的にもヒジョーにデンジャーなムックを買ったですよ。

StationeryMagazine.jpg

いや〜、中身濃いっすね! マジで。
すぐおなかいっぱいになる濃さなんで、発売日には買っていたんですけど、最後まで見るのに3日かかりました。(笑)

マルマンのMnemosyne(ニーモシネ)を開発された石川悟司さんの記事も載ってましたね。
記事を見てて石川さんの著書「ノートは表だけ使いなさい」の意味が、本を読んでないですけどなんとなく気が付いた気がします。

そぉかぁ・・やっぱアレですよね?
Evernoteとセットで使うと、とても素敵なガジェットくん(笑)
違うかな・・?

この「○○○○なさい」ってタイトル、一連の本(他の作者の本)のある理由から嫌いなんですけど、上記の本はタイトルは見ないことにして今度読んでみようかと思います。




posted by solata at 00:16| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

ブロックロディア カバー変更

「赤色の持ち物」増殖化計画の一環として、今回はロディアのカバーを「ロディア/RHODIA No.11専用イタリアンレザーカバー」に変更しました。
付属させるボールペンも赤色ボディーの「SIERRA ボールペンS」に。

RhodiaCover01.jpg

RhodiaCover02.jpg

手にシックリと馴染む感じがイイっすね〜♪

文房具の質が高まると、それだけで気分が良くなってアイデアが出やすくなりますよね〜!
さぁ、バシバシ書きまくるぞぉ^^

posted by solata at 00:19| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

ティンカー・ベルの手帳にトラベラーズノートのペンホルダー

先日、ライフ ノーブルノートにペンホルダーを追加しようとして玉砕したsolataです。

 ◆上記の記事はコチラです。

その時に使用したトラベラーズノート用の「デザインフィル トラベラーズノート・ペンホルダー(M)」は、奥さんのティンクの手帳に収まることになりました。

TinkDiary.jpg

今度はシッカリと固定されてイイ感じです。
なるほどぉ・・これだけ厚みがあって、尚且つ滑り難い質感の表紙じゃないと固定できないんですね。
勉強になりました。(笑)

まぁ何はともあれ、無駄にならずに済んで良かったっす。^^

posted by solata at 00:13| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。