2010年01月18日

Radius iPhone 3G radHeadphones TALK with MIC EXTRA BASS 買いました

僕はiPhoneのヘッドセットに「SENNHEISER MM 50 for iPhone MM 50 iP」というのを使用してますが、先日電車の中でイヤースリーブを無くしかけて、慌てたことがありました。
結果的には見つかったのでホッとしましたが、やはりイヤースリーブの予備は必要だなぁと思い、ネットで検索します。

この商品は低音域から高音域まで素直に再現しますので、バランスが良くて気に入っているのですが、メーカのサポートが弱いのがネックなんです。
で、イヤースリーブもサポートページでしか買えないみたいで、送料も含めるとちょっと高過ぎの感があります。

なら、ヘッドセットごと、予備を買おうかなと、数日前から物色していました。

最初に目を付けたのは、「ティアック KOSS iPhone 3G用イヤフォンマイク i SPARK」です。



Amazonの評価を見ても、重低音がスゴイらしいので、ほぼこれで決まりかなぁと思っていたのですが、予備として購入するにはちょっと値段が高めかなと・・。

で、適度な価格で、低音重視のものということで、今回は「Radius iPhone 3G radHeadphones TALK with MIC EXTRA BASS レッド RK-BL511R」というのを購入してみました。

RadHeadphones01.jpg

これも「EXTRA BASS」と謳ってますので、早速ディストーションの効いたギターサウンドの曲、Bon Joviの「Undivided」で試し聞きです。

うん!確かに低音スゴイです!
リッチーのギターだけでなく、ヒューのベースまで唸りを上げてる感じで、これはハードロックを聴くにはイイかもしれません。

その代わりと言ってはなんですが、やはり中音域以上の音の伸びが薄いですね。

僕の場合、音楽のジャンルはロックからクラシックまでと幅広いので、このヘッドセットでクラシックはキツそうです。
それから、CNNの英語の音声を聞くのにも向かないかな。

ですが、今回はあくまで予備用なので、問題ないです。

値段が安いことと、低音を重視される方であれば、それなりに満足できるヘッドセットだと思います。


posted by solata at 22:02| Comment(13) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

超小型モバイルマウス BUFFALO BSMLW05NWH 買った

さて、ガジェッターにとって、定期的に欲しくなるものの一つにマウスってのもあります。
ウチにもちゃんと使えるマウスが複数あって全然困ってもないんですが、下の記事に書いた最後に買ったマウスから8ヶ月以上経つので、そろそろ新しいのが欲しいなぁ〜と。(笑)

 ◆Microsoft Bluetooth Notebook Mouse 5000 買った

で、今回は、NetWalkerで使うマウスとして、「BUFFALO BSMLW05NWH」というマウスを購入しました。

BSMLW05N01.JPG

選んだポイントとしては、NetWalkerと一緒に持ち運んでも違和感ないくらい、超小型であること。
そして、NetWalkerの本体色に近い色で、バランスがいいことの2点です。

BSMLW05N02.JPG

上の写真は、「ロジクールVX nano」と「ELECOM M-BGDLPN」と並べてみたところです。
VX nanoもモバイル向けなので小さめですが、M-BGDLPNと並んでBSMLW05NWHはかなり小さいことが分かると思います。

BSMLW05NWHのサイズは、40×75×29mm(幅×奥行き×高さ)です。
電池は単4×2本です。
M-BGDLPNが単4×1本なので、それと比べるとBSMLW05NWHは重量的には若干不利かもしれませんが、その分左右均等に2本を配置するレイアウトなので、安定感の悪そうな見た目と異なり、結構重量バランスがよく、使いやすいです。

また、マウス本体の両側がビミョーに絞った形になってるのも、使いやすさに貢献していると思います。
マウスって、小さければ小さくなるほど、ちょっとした重量バランスや形の差で、使い勝手が大きく変わってきます。
BSMLW05NWHは、両サイドが絞られていることで、マウスに手を添えるという持ち方ではなくて、左右から摘んであげるという持ち方が無意識にできるので、自然と超小型の本体を安定させてくれるんだと思います。

それから、M-BGDLPNに比べて、持ち運びするときの明らかなアドバンテージがありそうです。

僕は、モバイルマウスは、結構無造作にバッグに押し込んで持ち運びます。
M-BGDLPNは、上面のELECOMと型押しされている部分が蓋を開けるボタンにもなっているため、運搬の際、ほぼ100%の確率で蓋が開いて電池が外れてしまっています。
その度に元に戻す必要があり、毎回イラっとしてしまうのですが、BSMLW05NWHの蓋を開けるボタンは底面にあり、それほど容易には押せない構造になっているので、運搬中に蓋が開いてバラバラになることがかなり抑制されそうです。

実際には昨日から使い始めたばかりなので効果のほどは確かではないのですが、もし予想と違ってバラバラになるようでしたら、記事に追記したいと思います。

BSMLW05N03.JPG

上の写真は、NetWalkerに接続したところです。
NetWalkerと揃って、良い具合に小さいです。

ただ、マイクロレシーバという割には、そんなにマイクロでないところがタマにキズです。
ちなみに運搬時は、本体内(蓋の裏側に付ける形)に収納可能です。

無線周波数も2.4GHz帯ですし、レーザーセンサーですし、基礎体力も充分で、サイズの割に使い勝手が良いマウス。

良い買い物が出来ました♪


posted by solata at 22:35| Comment(4) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

ポメラのソフトウェアを1.2.0にアップデートしました

先週、一番大きなインパクトがあったのは、これですね!
はい、ユーザサイドでのソフトウェアアップデートが解禁され、キングジム自身から、ポメラでの裏技的コマンド実行方法が公表されたことです。

で、パッチモジュールやアップデート取扱説明書は速攻ダウンロードしてあったのですが、先週は時間が取れず、この3連休でようやく時間が取れましたので、いそいそとアップデート作業を行いました。

pomera9.jpg

作業自体は注意を要するようなことは何もなく、説明書に従って進めるだけで、所要時間もほんの数分しかかかりませんね。

pomera10.jpg

で、写真の通り、1.2.0になりました。

ポメラは発売当初こそハッキングの道を模索する話が多く聞かれましたが、最近は落ち着いた感が漂ってたと思います。

その背景には、発売当初はポメラの割り切り方が逆に尖ってるともとられたことで、尖ってるガジェットは改造したいという自然の流れからハッキングも注目されていたと思いますが、その後、ユーザの誰もがポメラに本来のコンセプト以上のことを求めなくなり、ある意味正しい使い方で満足するようになっていったからだと思います。

こうなることを予測して待っていたかのように、見事なタイミングで解禁されました。

さて、どれだけのユーザがいまだにハッキングへの興味を失っていないか未知数ですが、ハッキングネタが提供されたことで、新たなコミュニティの展開が見られるのか、一ポメラユーザとして、動向を見守りたいと思います。
posted by solata at 00:02| Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

デジタルのToDo管理を、Toodledo+iPhone Ultimate Todosに移行しました

僕はToDo管理についてはスケジュール管理と同様、アナログの手帳をメインにしており、デジタルはアナログを補佐する形で運用しています。

で、デジタルのToDo管理では、長らくiPhoneのThingsを使ってきました。
このアプリはかなりよく出来ており、特にGTDとの親和性が素晴らしく、単独で使用する分には全く不満はありませんでした。

当初Thingsでかなり真面目にGTDをしていたのですが、その後Evernoteを使用するようになり、情報を集中させているEvernote上でGTDを行う方が理に適っていると感じるようになったことから、Thingsの使い方がリマインダーとしてのToDo管理に徐々に特化していきました。

そして、時代はクラウド。ここでThingsへの決定的な不満が出てきました。
ThingsはMacのクライアントソフトとは同期できるのですが、僕はWindows+Ubuntuユーザのため、PCとデータを同期することが出来ません。
仮に出来たとしても、クライアントソフトとしか同期できないのは魅力がありません。やはり今はクラウドにToDoデータを置き、iPhone等のガジェットやPC全ての環境でシンクロして使いたいわけです。

と、前置きが長くなりましたが、以上のような背景から、デジタルのToDo管理を変更することにしました。

当初目を付けたのはRemember The Milkです。やはりネームバリュー的にも、使いやすそうに見える見た目もいい感じです。
ですが、ここで大きな障害が・・。
iPhoneと同期させるにはProアカウントが必要なようで、それには年間25ドルもかかるらしい。
無料やそれに近い素晴らしいツールが多く存在している現在、これはちょっと許容できないと思い断念しました。

で、次に行き着いたのがToodledoです。

Toodledo01.jpg

こちらは、見た目はRemember The Milk程精錬された感じはしませんが、必要十分な機能を有し、iPhoneとの同期も無償のままOK。

これはかなりいけそうでしたので、早速iPhoneアプリをどれにするか検討開始です。
当初目を付けたのはAppigoTodoです。
調べた感じ、これは文句なしに素晴らしそう・・だったんですが、価格が高い。orz
他のアプリで満足出来なかった場合の最終手段として温存することにしました。

で、次に目をつけたのがUltimate Todosです。
こちらは115円にも関わらず、Toodledoと自然に連携できる画面構成が好感触なので、当面使うソフトに決定しました。

UltimateTodos.jpg

ちなみにToodledoもUltimate Todosも画面は英語ですが、仕事で英語を扱うことの多い僕は少しでも多くの英語のシャワーを浴びることが重要ですので、日本語化されていないことが逆に好都合でした。
#てゆーか、これからも日本語化しないでくださいね!(笑)

ところで、GTDとしてはですが・・
僕は上の方にも書いた通り、GTDはEvernoteに移行しており、ToDo管理にはリマインダー程度しか要求しなくなってしまいましたが、一応Toodledoではフォルダとコンテキスト機能を使うことでGTDとしての運用も出来るとは思います。
今後、時間があれば、ToodledoのGTDとしての可能性も試してみたいと思います。

そうそう、Ultimate Todosを使い始めたとき、Toodledoで予めタイムゾーンを変更したにも関わらず、Ultimate Todosと日付が合わずすぐ投げ出す所でしたが、Twitterで即効で色々助言をしてもらい、なんとか使えるようになりました。

Twitter自体もまだ始めて間もないですが、最初にTwitterの威力を痛感した、良い経験となりました。
posted by solata at 00:06| Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

NetWalker Sunbird - Googleカレンダー - iPhone さいすけ(3者同期)

ことスケジュール管理とToDo管理については、アナログの手帳(クオバディス エグゼクティブ)をメインに使用しているsolataです。

ですが、手帳を補佐する目的で、スケジュール管理としてGoogleカレンダーとiPhone版さいすけ(双方向同期)を、ToDo管理としてiPhone版Thingsも使用しています。
#Thingsは最近思うところあって、別のものに変えようか思案中。

最近は持ち物にNetWalkerも加わり、NetWalkerではブラウザでGoogleカレンダーを直接使用していたのですが、Sunbirdというクライアントソフトがインストールされていて、こいつもGoogleカレンダーと双方向同期できるので、折角なんで同期設定をして使い始めてみました。

設定方法は至って簡単なので詳細は省きますが、同期したいGoogleカレンダーのアドレスを使って、Sunbirdの「新しいカレンダー」として追加して、「ネットワークのサーバに保存する」にするだけです。
これを、同期したいGoogleカレンダーの数だけ繰り返します。

Sunbirdの使用頻度が低くなるのは目に見えていますが、よくあるメインビューの上ペインにリスト形式で予定が表示されるレイアウトは結構好きなので、意外と良いかもしれません。
posted by solata at 23:27| Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

HOTSPOTコース1に入会しました

かねてから検討中だったHOTSPOTコース1に入会しました。
僕の行動範囲では、BECK'Sとマックの利用頻度は高いので、これらの場所でのモバイル時にイー・モバイルではなくてHOTSPOTを利用するようにすれば、月々399円を支払っても、イー・モバイルの二段階定額制のパケ代を抑えることで、結果的に安くできるのではないかとの目論見です。

まず、入会は夜中のうちにウチのパソコンから済ませておいたのですが、この時に1点注意が必要でした。
それは、入会時に無条件で「エリアプラス日額オプション」と「海外ローミングオプション」が付いてしまうことです。
僕の場合は上記のように安く抑えることが目的であるため、早々にこれらのオプションを外しました。

 ◆◆

つーことで、早速本日試運転と・・まずはマックにNetWalkerを持ち込みました。

で、いきなりつまづきました。

マックは広いため、席によってHOTSPOTの電波が届かないんですね。orz
iPhoneや930SHのアンテナを見たら、そっちもやっとこさ立ってる始末。

そんな調子なので、初トライは見事玉砕です。

 ◆◆

で、気を取り直して、夕方にBECK'Sへ。

こちらは大して広くないため、いたって快適!
NetWalkerであっさりと繋がり、スピードも速い!

BBMobilePoint01.jpg

これは使えそうです。

ここで気になることが1点。
内蔵の無線LANアダプタを使うのと、イー・モバイルのUSB接続通信アダプタを使うのとで、どちらが本体バッテリが持ちますかね?

何となく内蔵の無線LANアダプタの方が持つような気がするのですが、無線LANだとついつい繋ぎっぱなしにしてしまうので、そうやってNetWalkerでこの記事を書いていますが、異常にバッテリが減っていきます。

やはりHOTSPOTで快適でも、こまめにネットを使わないときは切るようにした方が良さそうです。

 ◆◆

それからThunderbirdの設定ですが、HOTSPOTはOutbound Port25 Blockingを実施しているので、メールを送信するにはメーラの設定変更が必要です。

いちいちその度に変更するのも面倒なので、ひとまずHOTSPOT利用時はThunderbirdを使用しないで、Webメールを使用することにしました。
posted by solata at 23:28| Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

NetWalkerの電車内広告

今日乗った電車のドアそばの壁に掲示されていたNetWalkerの広告です。

NetWalker15.jpg

この広告を背中に、すぐ前の席に座って、白のNetWalkerでポチポチとモバイルしてました。

差し当たってリアルの広告塔ってとこですが、背中にポスターを背負っての行動だったので、サクラとでも思われたでしょうか?(笑)
posted by solata at 16:24| Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

NetWalkerで更に違うUSB接続ミニキーボード

以前に下の記事を書きましたが、そちらのキーボード「ELECOM TK-FCM006WH」は打鍵音の大きさとリターンキーの反応の悪さがどうにも我慢ならなかったので、性懲りもなく別のキーボードを購入してみました。

 ◆NetWalkerでUSB接続超コンパクトキーボード

で、今回購入したのは、「ELECOM TK-UP84CPBK」です。

USBKeyboard03.jpg

まずカタログ値での比較です。

●TK-FCM006WH
 ・サイズ  :237.0×123.5×22.0
 ・重量   :246g
 ・キーピッチ:15.4mm

●TK-UP84CPBK
 ・サイズ  :232.8×103.0×18.0
 ・重量   :240g
 ・キーピッチ:16mm

「TK-UP84CPBK」の方がサイズも小さく、軽量なのに、キーピッチは逆にわずかですが広いです。キーピッチは実際に定規で計測してみましたが、確かに「TK-UP84CPBK」の方が広かったです。

まぁこれにはからくりがあり、「TK-FCM006WH」がほぼ全てのキーが等幅なのに対して、「TK-UP84CPBK」は右側の方のキーピッチが狭くなっているためです。

ほぼ全てのキーが等幅のキーボードが好きなのであれば前者ということになりますが、そうでなければ今回購入した後者のキーボードは、サイズ、重量、キーピッチの全ての面で上回っています。

そして何より、後述する実際の使用感が、「TK-UP84CPBK」の方が歴然とした快適なエクスペリエンスを得られます。

USBKeyboard04.jpg

それでは使用感ですが、まず打鍵音はごく普通のキーボード並に抑えられていて、これならかなり大きな音のする「TK-FCM006WH」と違って、ある程度静かな場所にも持っていけると思います。

また、リターンキーも普通に反応する(まぁ本来これが当たり前なのですが(笑))ので、「TK-FCM006WH」にあった欠点が全て解消されています。

もちろん長文も快適に入力できますし、コスト的にも、現状でかなりNetWalkerの良きパートナーになっていると思います。

NetWalker14.jpg

実際には、「TK-FCM006WH」より1000円程度値段が高いのですが、ケチって安い方を買わないで、最初から「TK-UP84CPBK」を買えば良かったと思いました。


posted by solata at 17:28| Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

NetWalkerをデコりました

といっても、大げさなもんではないですが・・

NetWalker13.jpg

美しい白に輝く天板を毎日見ていたら、やはりそこに何かを貼りたくなる悲しい性っすね。(笑)

NetWalkerの後部の円筒型バッテリがゴールドともとれる色なので、同様にゴールド系でデコったら綺麗かな〜ってとこですが、どうでしょうか?
posted by solata at 18:06| Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

NetWalker液晶保護シートに追加のブツが届いた

以前に下の記事に書きましたが、後日、クイックスタートボタン周辺エリアの保護シートを追加作成したらしく、僕のように先に買ってしまったユーザに無料でブツを送ってくれました。

 ◆NetWalkerの液晶保護シート買った

OverLayPlus02.jpg

こういったメーカの対応は気持ちが良くていいですね!

だけど、「ご要望を多く頂きましたクイックスタートボタン周辺エリア用の保護シート」ってことらしいですが、これって、誰が要望してるんだろう? って感じです。(笑)

そんな場所に保護シートって必要ないっすよね?

なので、今回送ってもらった保護シートは、僕は使いませんが、メーカの対応がはなまるでしたのご報告でした♪
posted by solata at 00:36| Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

日記やブログ記事の下書きをポメラからNetWalkerに変更しました

ここ1年近くに渡って日記やブログ記事の下書きはポメラを使用してきましたが、今月の頭くらいからNetWalkerに変更しました。
NetWalkerが当初思っていたよりもかなり応えてくれる便利なガジェットだったと分かったことで、僕のガジェットライフスタイルが変化したことが要因です。

最近の僕の外出時のガジェット持ち出しパターンは、概ね以下の3パターンです。

 ・ポメラ+NetWalker+iPhone
 ・NetWalker+USB接続器ボード+iPhone
 ・NetWalker+iPhone

つまり、ポメラを持ち出さないことが発生しだしたのに対して、NetWalkerはiPhone同様、常に持ち歩くようになったことで、必然的にメモ書きを含め、日記やブログ記事の下書き環境をNetWalkerに変更することになりました。

これにより、ポメラの8000文字制限の呪縛から逃れられることになったので、本来やりたかった、日記ファイルを1ファイルに1ヶ月分という運用が可能になりました。
#僕の日記の分量では、どうしても8000文字制限では、ラスト1週間程度を別ファイルにしなければいけませんでした。

また、ポメラの折りたたみキーボードは秀逸ですが、メモりたいときにメモるというコンセプトでありながら、立ったままのシチュエーションで使えないという諸刃の剣でもあったわけですが、NetWalkerの場合は立ったままでも快適に使用できることも大きいです。

まぁそんな感じでポメラを使用するシチュエーションは減りましたが、それでもポメラはポメラでやはり手放せません。
可愛げのあるやつですから。(笑)
posted by solata at 01:23| Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

NetWalkerにStarDict入れて、「英辞郎 第四版」を導入しました

ことガジェットでの辞書環境については、iPhoneが最強だと思っており、以前に下の記事に、iPhoneに入れている辞書のことを書きました。

 ◆iPhone用ロングマン現代英英辞典 [5訂版]

そのiPhoneにも入れており、またネットブックAspire oneにも入れている「英辞郎」は、やはりNetWalkerでも使いたいし、更にFirefox等のアプリでも訳語をポップアップ表示させたいと思うのが自然の流れですので、この度導入を行いました。

以下にその導入の手順をまとめておきます。


1.「英辞郎 第四版」の辞書をコンバートする

これは、Windows上での作業となります。

1)「PDIC Unicode for EIJIRO IV」を起動します。

2)「File」-「辞書設定<詳細>」を選択して、「辞書設定」ダイアログを表示させます。

3)以下の4個のファイルがリスト表示されます。
  ・Eijiro112.dic
  ・Waeiji112.dic
  ・Ryaku112.dic
  ・Reiji112.dic
それぞれのファイルについて、リスト上で右クリックして、「辞書の変換」を選択し、「辞書変換の設定」ダイアログを表示させます。

Eijiro01.jpg

「変換先ファイル形式」に「PDIC1行テキスト形式」選択します。
上記4個のファイルを、すべてこの方法で変換します。

4)3)で変換した全てのファイルの文字コードを、UnicodeからUTF-8に変換します。

僕は文字コード変換に、「文字コード変換ツール for .NET 2.0」というツールを使用しています。

 ◆Vectorのページは、コチラです。

MojiCodeConvert01.jpg

このツールの場合は、変換元コードを「Unicode」、変換先コードを「UTF-8」とします。

5)4)で変換した全てのファイルについて、以下の2種類の文字置換を行い、体裁を整えます。

  ・「///」をタブコードに変換
  ・「¥」(半角¥の1文字)を「¥n」(半角¥とnの2文字)に変換

僕は当初この変換を「秀丸」で行おうとしましたが、永遠とも思えるほど時間がかかる感じでしたので、「Speeeeed」というツールを使用しました。

 ◆Vectorのページは、コチラです。

Speeeeed01.jpg

Speeeeed02.jpg

このツールの変換スピードは激速で、ネットブックのような非力なマシンでも、数分で処理が完了します。

変換後のファイルサイズは、4ファイルの合計で、約267MBあります。

以上で、「英辞郎 第四版」の辞書のコンバートは完了です。
LAN経由もしくはmicroSDに上記4ファイルをコピーします。


2.NetWalkerにStarDictをインストールする

ここからは、NetWalker上での作業となります。

1)「Synaptic パッケージ・マネージャ」を起動します。

2)「stardict」、「stardict-tools」の2項目にチェックして、インストールします。
 この際、他の必要なパッケージも自動でインストールされます。

Synaptic01.jpg


3.1.で用意した辞書ファイルを、StarDict形式にコンバートする

以下では、1.で用意した辞書ファイルがmicroSDの「eijiro」フォルダにあると仮定します。

1)「端末」を起動します。

2)コマンドラインから、以下の処理を行います。

 $ cd /media/disk/eijiro
 $ /usr/lib/stardict-tools/tabfile Eijiro112.txt
 $ /usr/lib/stardict-tools/tabfile Waeiji112.txt
 $ /usr/lib/stardict-tools/tabfile Ryaku112.txt
 $ /usr/lib/stardict-tools/tabfile Reiji112.txt
 $ rm *.txt
 $ cd ..
 $ sudo mv eijiro /usr/share/stardict/dic/
 $ sudo chmod -R 777 /usr/share/stardict/dic/eijiro


 ◆◆

以上で、NetWalkerのStarDictにて、「英辞郎 第四版」が使用できるようになりますが、加えて以下の設定もしておくといいと思います。


4.辞書の優先順位の設定とデフォルトの中国語辞書の無効化を行う

1)「アプリケーション」-「アクセサリ」から「StarDict」を起動します。

2)「Manage dictionaries」ボタンを選択して、「Manage dictionaries」ダイアログを表示させます。

3)「Manage Dict」をクリックします。

4)「Query Dict」、「Scan Dict」の両方で、以下の優先順位の順番通りに、「英辞郎 第四版」の辞書を並べます。

  ・Eijiro112
  ・Waeiji112
  ・Ryaku112
  ・Reiji112

5)「Query Dict」、「Scan Dict」の両方で、「Dict.cn」のチェックを外します。

ManageDictionaries01.jpg

StarDict01.jpg


 ◆◆

5.Firefox等のアプリでポップアップ表示する

上の写真の通り、「Scan」にチェックを入れるだけで、Firefoxを始め、様々なアプリで訳語がポップアップ表示されます。

FirefoxEijiro01.jpg


posted by solata at 23:38| Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

NetWalkerでUSB接続超コンパクトキーボード

NetWalkerの日々の利用スタイルを引き続き追求中のsolataです。

今のところ外でのモバイル時は、当初目論んでいたポメラ+NetWalkerが非常に具合がいいのですが、より軽量化を重視する場合の選択肢として、NetWalker+USB接続超コンパクトキーボードってのもアリかなと思いましたので、購入してみました。

で、今回購入したのは、以下の2製品です。

USBKeyboard01.jpg

まずはこちらが、USB接続超コンパクトキーボード「ELECOM TK-FCM006WH」です。

USBHub01.jpg

そしてこちらが、USBハブ「サンワサプライ USB-HUB236BL」です。
こいつは、持ち運び時にケーブルを収納できるので、便利です。

このNetWalker+USB接続キーボードの利用スタイルの利点としては、軽量化以外にも、電車の中で立っている時や座っていてもあまり場所が広くない時はNetWalker本体のみ。
座ってスペースを確保できた時はNetWalker+USB接続キーボードというように、ケースバイケースでスタイルを選択できることがいいです。

また、当然ですが、ポメラ+NetWalkerと違って、データが一元化されることもいいですね。

NetWalker12.jpg

上の写真では、今回購入した2製品の他に、イーモバイルのUSB通信モジュール「D12HW」とモバイルマウス「ELECOM M-BGDLPN」も一緒に接続して使用しています。

USBKeyboard02.jpg

ポメラのキーボードとの大きさの比較です。

まずカタログ値による軽量化の具体的な数値ですが、

 ・ポメラ+NetWalker = 340g + 409g = 749g
 ・NetWalker+USB接続キーボード+USBハブ = 409g + 246g + 34g = 689g

と、60gの差でしかありませんが、持ち物は少しの重さの積み重ねで重くなりますから、わずか60gでも無視できません。

それでは今回購入したキーボードの使用感を書いてみます。

まず、このキーボードのキーピッチは15.4mmとNetWalkerの14mmに較べてわずか1.4mmしか違いがありませんが、この数値以上に快適に入力できます。
これは、より実用的なキーピッチに近づいたことに加えて、NetWalkerのキーボードが、キーの中央を正確に押さないとうまく入力できないという、お世辞にも使い勝手のいいキーボードではないということもあります。

とにかく差は歴然、とは言ってもポメラ程快適ではありませんが、問題なくブラインドタッチができ、長文の入力も全く苦になりません。

ここからは欠点についても触れておきます。

まず、打鍵音がカチャカチャとそれなりにうるさいので、静かな場所ではちょっと使えないと思います。
図書館は以ての外、会議やセミナーの席でも気が引けてしまう音だと思うので、ちょっと残念です。

それから何故かリターンキーだけ、反応が悪いです。
多分このキーだけ大きいので、その分、「ぶっち!」と「今押し込んでますぅ〜!」って感じで押さないと反応してくれないんだと思います。

このキーボードの欠点としてはそれくらいだと思います。
まぁ値段が安いので、良くも悪くも価格相応の製品なんだと思います。

ですが、モバイルとして外に持ち出すのに、本キーボードは絶妙な大きさだと思いますので、カフェなんかに持っていってシンキングタイムするには、結構いい感じな利用スタイルかもしれません。




posted by solata at 00:27| Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

NetWalkerの液晶保護シート買った

NetWalkerは基本モバイル用途なので、アンチグレアタイプの液晶保護シートを貼りたかったんですけれど、ここでミヤビックスから発売になったので、早速購入しました。

OverLayPlus01.jpg

今回購入した上記商品は、「OverLay PLUS for NetWalker」というやつです。

ちなみに、光沢タイプが好きな人には、同じく同社から「OverLay Brilliant for NetWalker」という液晶保護シートも発売になっています。

早速貼り付けてみました。

まず、本製品は、非常に貼り易くできており、誰でも簡単で綺麗に装着できると思います。

そして貼った画面の印象ですが、NetWalkerの液晶がシャープらしいとても綺麗な光沢タイプの液晶なので、第一印象で「うわっ!字が見難くなった」と感じます。

画面サイズが小さいため表示される字も小さいですが、やはりアンチグレアタイプは光線透過率が低いため、小さい字、特に半角文字が異常に見難くなります。

貼った直後は、「いらんいらん!すぐ剥がすし」って間違いなく感じると思いますが、人間って不思議なもんですね。5分も見ていると、その見難くなった画面に慣れてきてしまいます。(笑)

まぁ慣れてくれば許容できるレベルかもしれないですし、それ以上に屋外で使用したときの快適性は間違いなくアンチグレアタイプは高いので、しばらくはこのまま使ってみようと思います。

ということで、すぐに剥がそうとした手を、思い留まらせました。(笑)




posted by solata at 01:04| Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

Ubuntu Magazine創刊号買った

表紙で小池里奈ちゃんがNetWalker持って写ってるし、創刊号だし・・NetWalkerユーザーとしてはやはりご祝儀の意味を込めて購入です♪

UbuntuMag01.jpg

Ubuntuヘビーユーザの方には物足りない内容かもしれませんが、僕みたいな比較的ライトユーザにとっては、「Ubuntu+αでネットブック活用ガイド」の特集なんかは情報がコンパクトにまとまっていて、便利ですよ。

ネットブックのAspire oneが余ってるので、これにもUbuntu入れてみようかと思ったんですけれど、9.04ではLANが全滅なんですね。orz

9.10になったら、入れてみようかな・・

そして、「ネットウォーカー徹底研究」の特集もいいですね。
早速いくつかのアプリの動作検証リストなんかも載っていて、リスト上のソフトならNetWalkerのUbuntuにトライ&エラーしてOSを汚すかもしれないっていう不安を感じる必要がないってことは、この手のモバイルガジェットにはうれしい限りです。
posted by solata at 00:31| Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

NetWalkerには小さなマウスが似合う

引き続き、絶賛弄くりまくり中のNetWalkerです。

まずは外出時に困らないように、小さなキーボードとオプティカルポイントに慣れようと、今までは敢えて入力デバイス系の周辺機器を使わないできましたが、ある程度慣れてきたので、自宅利用時での快適性のために、マウスを接続してみました。

やはり小さなNetWalkerには小さなマウスが似合うかなと思いましたので、手持ちのELECOM M-BGDLPNを接続しました。

このマウスについては、以前に記事を書いていますので、よろしければそちらもどうぞ。

 ◆モバイルマウスM-BGDLPN買った

NetWalker11.jpg

NetWalkerで使うと、小人さんのパソコン一式みたいで、「まぁなんてカワイイんでしょう」って感じです。(笑)


posted by solata at 00:40| Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

NetWalkerのケース物色

ここのところ、NetWalkerを絶賛弄くりまくり中のsolataです。

新しいガジェットが来ると、持ち運び用のケースを物色したくなるのもいつものことで、今回もNetWalker用のケースをネットや店舗でいろいろ物色していました。

ことNetWalkerについては、シャープから純正オプション品の予定がまだないので、まずはポメラ用のケースに目を付けました。

ポメラとNetWalkerでは若干NetWalkerの方が大きいので、ポメラ専用ケースには入らないかなと予想してましが、とりあえず手持ちのDMC1に突っ込んでみると・・

NetWalker10.jpg

ご覧の通り、ピッタリです。
まるで、NetWalker専用ケースとでも言わんばかりです。(笑)

ポメラと一緒に持ち出さないなら、これもアリですね♪

ですが、僕の場合は、NetWalkerとポメラの2台体制(正確に言えば、iPhoneを含めた3台体制ですが)でいきますので、やはりNetWalkerのケースも物色です。

で、以下のBUFFALOの大型電子辞書用ケース(BSDD01CHBL)を購入してみました。

DicCase01.jpg

早速入れてみたところ、NetWalkerには、大きさといい厚みといい、これまたピッタリです。

DicCase02.jpg

DicCase03.jpg

ただ、ピッタリすぎるので、手持ちのイーモバイルUSB通信モジュール(D12HW)を一緒に入れることができませんでしたので、これはこれで、また更なる物色の旅として続きそうです。(笑)

ですが、NetWalker本体のみを格納するには、本ケースはジャストサイズでしたし、値段も安かったので、まずまずおっけーでしょう♪


posted by solata at 00:12| Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

NetWalkerとポメラの連携

またまたNetWalkerネタで失礼します。

今回はポメラとの連携です。

まず、ポメラのmicroSDをNetWalkerにそのまま刺して使うのは、全く問題ありません。

では、ポメラとNetWalkerをUSBケーブルで接続した場合はどうなるかというと、制限付きでOKといったところでしょうか。

NetWalker09.jpg

具体的には、USBケーブル接続の場合は、下の写真のようにNetWalkerのデスクトップに、ポメラの本体メモリ(「128.5KBのメディア」と表示されているもの)だけが認識されます。
#画面に表示されている「8.2GBのメディア」はNetWalkerのデータ用microSDで、ポメラのものではありません。

NetWalker_Pomera01.jpg

なので、USBケーブル接続の場合は、microSDカードのファイルを直接編集することができませんので、ポメラ側で一旦本体メモリに対象ファイルをコピーする必要があります。

 ◆◆

ここからは、ポメラのmicroSDを直接刺してmicroSD上のファイルを直接編集する場合と、USBケーブル接続で本体メモリ上のファイルを直接編集する場合で共通の内容になります。

ポメラのファイルをgeditで直接開くと、自動でエンコードをCP932と判断して、文字化けすることなくファイルを開けます。

ちなみに、CP932とは、日本語Windowsで使用されるMicrosoftによるShift_JISの拡張コードです。

そして、開いたファイルをそのままNetWalkerのgeditで編集、上書き保存してポメラに戻っても、全く問題ありません。

 ◆◆

NetWalkerで新規文書を作成してポメラに持っていく場合は、保存時に「別名で保存…」ダイアログでエンコードに「日本語(CP932)」を選択すれば、全く問題ありません。

 ◆◆

つーことで、NetWalkerとポメラの連携は、USBケーブル接続の時に若干注意が必要な点以外は、殆どNetWalkerにおまかせで素直に連携できることが分かりました。

イーモバイルも問題なく使えるようになったので、これで、当初目論んだNetWalkerとポメラの2台体制連係プレイも苦労することなくできるようになりました。
posted by solata at 00:39| Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NetWalkerでEvernoteとイーモバイル

連日のNetWalkerネタで失礼します。

昨日のファーストインプレッションの後、続いてイーモバイルのUSB通信モジュールの設定を行いました。
僕の手持ちは、D12HWです。

これについては既にシャープのサポートページにPDFによる説明書がアップされていますので、その通りに設定するだけで、あっさり繋がりました。

NetWalker07.jpg

上のように、本体が小さいので、USB通信モジュールが異様にでかく感じます。(笑)

 ◆◆

続いて、NetWalkerでのEvernoteです。

Firefox上でEvernoteの機能が普通に使えるのは当たり前なので特に書きませんが、ここでは閲覧中のWEBの情報をクリップする機能をNetWalkerのFirefoxに追加する方法だけ書いておきます。

1.Evernoteにログイン後、Supportページに飛ぶ。

2.「Getting Started」リンクを選択。

3.「web clipper」リンクを選択。

4.WHERE WILL YOU USE EVERNOTE? と表示され、OSを選択しますが、リストにLinuxが存在しないので、「WEB CLIPPER」を選択。

5.Get the Firefox extensionが自動選択されるので、
そのまま「Drag this to your link bar」をFirefoxのブックマークツールバーにD&Dする。

NetWalker_Firefox01.jpg

以上で、NetWalker上のFirefoxでも、EvernoteのWebクリップ機能が使えるようになります。
posted by solata at 00:28| Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

NetWalkerがやってきた ヤァ!ヤァ!ヤァ!

ヤァ!ヤァ!ヤァ!と言えば「A Hard Day's Night」。
「A Hard Days Night」と言えばビートルズ。
ビートルズの全曲デジタルリマスターによるボックスセット欲しいなぁ〜・・って話じゃなくて・・

ビックカメラで予約していたNetWalkerの入荷の案内がきたので、早速受け取りに行ってきました。

ところで今回NetWalkerについては、9/18より一部店舗やネットショッピングで先行販売が始まったわけですが、全国の店舗で実施したヨドバシカメラに較べて、ビックカメラは有楽町店のみだったので、ちょっと出遅れた感じですね。

僕は立川店での予約でしたが、2日程遅れて先行販売に漕ぎ着けたという感じですね。

つーことで、前置きが長くなりましたが・・

我が家にやってきたNetWalker。まずはファーストインプレッションです。

NetWalker01.jpg

外箱はこんな感じで、至ってシンプルです。
iPhoneレベルを要求するのは酷かもしれませんが、もう少し、受け取ったときのワクワク感を演出する化粧箱だったらいいのにと思いました。

NetWalker02.jpg

iPhoneとの大きさの比較です。

NetWalker03.jpg

NetWalker04.jpg

NetWalker05.jpg

ポメラとの大きさの比較です。

 ◆◆

キーボードは、なんというか「べこっ!!べこっ!!」って感じの打鍵感ですね。
でも、思ったほど悪くないです。
確かに小さなサイズですが、工人舎のPM1よりは横幅が大きく、慣れればそこそこブラインドタッチがいけそうです。

以前、同じシャープのEM・ONEというガジェットを使っていた時期があるのですが、これのキーボードが超硬くて、全く使いものにならない劣悪なシロモノだったのに較べれば、NetWalkerのキーボードは全然まともです。

気になる点としては、Linuxなんで「~」は結構使うんですが、これの入力が「Shift」+「Fn」+「~」となるので、ちょっと大変なことですかね。

まぁさすがに文章を打つのに常用できるキーボードではないので、当初の目論見通り、ポメラとの2台体制でいきます。

 ◆◆

液晶の文字も小さくてちょっと辛いものがありますが、まだまだ僕は、なんとか耐えられそうです。

文字の小ささよりも、タッチペンやオプティカルポイントによるポインタ操作やクリックが、やはり大変です。
これが、もしタッチペンだけだったら、やはり気が狂ってました。
このことからも、工人舎のPM1をやめてNetWalkerにしたのは正解でした。

 ◆◆

動作は若干モッサリ感はありますが、概ね許容範囲内で動いてくれます。
ただ、OpenOffice.orgの起動時間だけはかなり長く、これだけはちょっと閉口してしまいます。

それにしても、やはりゼロスピンドルは無音で動作してくれますので、快適ですね♪

この小ささで、無音で動作する、完全なるパソコン♪
やっぱスゴイです!!

 ◆◆

少しいじったところで、我が家の無線LANに11gで接続設定します。
端末からifconfigコマンドでMACアドレスを調べて、WEPとMAC制限の設定を行います。
まぁこれは当たり前ですが、何の問題もなくあっさりと繋がりました。

 ◆◆

続いて、早速リカバリ用のmicroSDを作成しました。
使用したmicroSDは、「PLANEX ハイスピードClass6対応 microSDHCカード4GB PL-MicroSDHC4G」です。

NetWalker06.jpg




実際の作成処理では、Webから約1GBをmicroSDにダウンロード+展開することになるのですが、ダウンロード中の表示はプログレバーで進行状況が見れるわけでもなく、単純なダイアログしか表示されないので、本当に作業しているのか若干不安になります。

なので、とりあえず脇でシステム・モニタなんぞを立ち上げて、データが転送されているのを確認しながら、あとは気長に待ちます。

ウチのネット環境の問題か、ダウンロード先のサーバの問題かは分かりませんが、結構時間がかかりましたが、無事リカバリ用のmicroSDの作成が完了しました。

 ◆◆

以上、簡単ですが、NetWalkerのファーストインプレッションでした。

これから本格的に環境構築を始めます。

とりあえず次は、イーモバイルのUSB通信モジュールの設定を始めます。

上のことやポメラとのデータのやりとり等について、またおいおい記事を書きたいと思っています。



posted by solata at 03:24| Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。