2009年09月22日

NetWalkerとポメラの連携

またまたNetWalkerネタで失礼します。

今回はポメラとの連携です。

まず、ポメラのmicroSDをNetWalkerにそのまま刺して使うのは、全く問題ありません。

では、ポメラとNetWalkerをUSBケーブルで接続した場合はどうなるかというと、制限付きでOKといったところでしょうか。

NetWalker09.jpg

具体的には、USBケーブル接続の場合は、下の写真のようにNetWalkerのデスクトップに、ポメラの本体メモリ(「128.5KBのメディア」と表示されているもの)だけが認識されます。
#画面に表示されている「8.2GBのメディア」はNetWalkerのデータ用microSDで、ポメラのものではありません。

NetWalker_Pomera01.jpg

なので、USBケーブル接続の場合は、microSDカードのファイルを直接編集することができませんので、ポメラ側で一旦本体メモリに対象ファイルをコピーする必要があります。

 ◆◆

ここからは、ポメラのmicroSDを直接刺してmicroSD上のファイルを直接編集する場合と、USBケーブル接続で本体メモリ上のファイルを直接編集する場合で共通の内容になります。

ポメラのファイルをgeditで直接開くと、自動でエンコードをCP932と判断して、文字化けすることなくファイルを開けます。

ちなみに、CP932とは、日本語Windowsで使用されるMicrosoftによるShift_JISの拡張コードです。

そして、開いたファイルをそのままNetWalkerのgeditで編集、上書き保存してポメラに戻っても、全く問題ありません。

 ◆◆

NetWalkerで新規文書を作成してポメラに持っていく場合は、保存時に「別名で保存…」ダイアログでエンコードに「日本語(CP932)」を選択すれば、全く問題ありません。

 ◆◆

つーことで、NetWalkerとポメラの連携は、USBケーブル接続の時に若干注意が必要な点以外は、殆どNetWalkerにおまかせで素直に連携できることが分かりました。

イーモバイルも問題なく使えるようになったので、これで、当初目論んだNetWalkerとポメラの2台体制連係プレイも苦労することなくできるようになりました。
posted by solata at 00:39| Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。